牡蠣に含まれるタウリンについての効果と注意点

牡蠣に含まれるタウリンについての効果と注意点

タウリンというのは主に魚介類であったり、軟体動物に含まれている含硫アミノ酸のことを言います。このタウリンは体内で合成できるアミノ酸であり、心臓・筋肉・脳・肺・膵臓などに含まれており、働きとしては肝機能を高めたり、心臓の強化、血圧を整える働きや血液中のコレステロールを減少させる作用があります。また、貧血防止やストレス軽減といったことにも効果的といわれています。

 

では、このタウリンが多く含まれている食べ物はどんなものがあるのか知っていますでしょうか。タウリンは牡蠣・アサリ・ハマグリといった貝類、またタコやイカ、魚にも含まれていますので、基本的に海の食材にタウリンが入っていると思っていていいでしょう。

 

ちなみにこれらの食材を摂取する際にタウリンを豊富に取り入れたいという場合は、煮汁も飲むといいでしょう。煮汁に成分が溶け出していますのでタウリンを豊富に摂取することが可能です。

 

どのくらいの量を摂取すればいいのか心配になっている方もいますが、基本的にどれだけの食べ物からタウリンを摂取したとしても取りすぎるということはありませんので心配してください。

 

ただ、やはり毎日魚介類ばかり摂取するわけにはいかないと思いますし、豚鳥牛などのお肉にはタウリンが含まれていないので、サプリメントやドリンクなどで摂取するといいでしょう。もちろん、そういったものを摂取しすぎるとよくないので、用法用量をしっかりと守って摂取することをオススメします。