牡蠣の栄養成分である亜鉛について

牡蠣の栄養成分である亜鉛について

まず、亜鉛についての説明となりますが、亜鉛が不足してしまうと、子供は成長障害や鉄欠乏症貧血を引き起こしてしまう可能性があり、大人だと皮膚炎・脱毛症・味覚障害・インポテンツ・貧血・味覚異常・うつ状態などを引き起こしてしまいます。

 

ですので、亜鉛の摂取は必須になりますが、まず一日にどのくらい摂取すべきかということを理解しておきましょう。基本的に亜鉛の摂取量というのは一日3〜15mgといわれており、成人男性と女性で多少異なります。目安とされているのは7mgですが、男性は8mg、女性は6mgが最低必要量です。体格や年齢によっても異なりますが、目安として覚えておきましょう。

 

では、この亜鉛は何に含まれているのかというと、魚貝類、肉類、穀物ですが、非常に豊富に含まれているといわれているのが、牡蠣です。全ての中で100gあたりの亜鉛の量は13.2mgと非常に多いです。

 

しかし、なかなか牡蠣を食べ続けるというのも難しいので亜鉛不足に陥る可能性がありますが、そういった際には牡蠣サプリメントを摂取するといいでしょう。牡蠣サプリメントを摂取することによって、牡蠣の栄養素が全て摂取できますので、非常にオススメです。

 

また、通常の食事で亜鉛を摂取しすぎるということは少ないですが、サプリメントで摂取する場合は過剰摂取を避けてください。効率よく摂取し続けることによって効果が出てきますし、亜鉛には強い毒性もありますので過剰摂取には注意しましょう。

 

きちんと用法用量を守って摂取することによってしっかりと体調維持をすることが出来ますので、継続的に摂取するようにしてみてはいかがでしょうか。