広島県産の牡蠣が美味しい理由とは

広島県産の牡蠣が美味しい理由とは

牡蠣と聞くと、誰しもがまず広島県を思い浮かべると思います。広島県産の牡蠣というのは日本の総生産量の約6割程度を占めております。ですので、牡蠣と言えば広島が有名ですが、どうして広島の牡蠣が美味しいのか知っていますでしょうか。実は、普通の牡蠣とは違って広島産の牡蠣というのは多少の工夫がされています。

 

その一つが、生食用と加熱用の牡蠣の違いです。知っている人は少ないと思いますが、生食用と加熱用では育てられている区域が違います。広島独特の生産方法であり、さらに、水揚げされた後にも工夫がされており、一般的には水揚げ後に洗浄して出荷しますが、広島牡蠣は浄化プールに1日入れて、雑菌や汚染物を全て吐き出させます。

 

このように手間をかけることによって旨味を引き出しているので広島の牡蠣は美味しいのです。そして、この広島の牡蠣が美味しい理由はもう一つあり、これは瀬戸内海の中でも広島湾沿岸で牡蠣を育てているというものです。

 

実は広島湾沿岸は大田川からの真水が流れ込んできており、栄養素が豊富です。そのため、プラントンも多いので牡蠣を作る上で最適な条件を満たしているということになります。

 

この最高の環境で最高の養殖技術をくしすることによって最高の牡蠣が出来あがるということになります。こういったことが理由で広島県産の牡蠣は美味しいです。また、牡蠣には人が生きる上での非常に大切な栄養素が豊富に含まれております。ですので、積極的に食べることで身体にもいい変化が現れます。もちろん毎日摂取することは難しいと思いますので、牡蠣サプリメントで栄養素を補うということも考えておきましょう。