高齢者ほど高血圧になりやすいのはどうしてなのか

高齢者ほど高血圧になりやすいのはどうしてなのか

いくら健康でも血圧というのは加齢と比例して上昇していきます。高血圧の患者は65歳以上が約6割とされており、放置してしまうと動脈硬化や心臓病、脳卒中などを引き起こされてしまう怖い病気です。

 

血圧というのは常に変動しており検査は最低血圧と最高血圧を測ります。その際に高齢者は最高血圧が異常に高いという特徴があります。もちろん高齢者であっても自覚症状はほとんどありません。しかし、身体が加齢によって衰えていると、進行した際に危険な状態に陥りやすいので早期の診断、そしてその後の対策が必要不可欠となります。

 

しかし、どうして加齢によって血圧が高くなるのかというと、人の身体は皮膚や関節などみずみずしさがなくなっていき、身体が硬くなっていきます。これは身体だけではなく内臓や血管にも準じており血管が硬くなることによって血液が流れにくくなって血圧が上昇してしまいます。さらに血圧のリズムが不規則になったり糖尿病を併発しているということも理由としては多いです。

 

では高血圧の対策としてどういうものがあるのかというと、食生活の改善や運動不足解消といった生活習慣を整えるようにすることが大切です。しかし、急に血圧が下がると眩暈がしたりして転倒してしまうのが高齢者の怖いところですので、無理をせず、専門医と相談しながら改善策を探すようにしましょう。

 

ちなみに、食事の際にはカリウム・マグネシウム・カルシウム・食物繊維をを積極的に摂取することをオススメします。自覚症状がないのでどうしても甘えが出てしまいますが自分に厳しくして高血圧を改善しましょう。

 

こちらもどうぞ 血圧サプリの調査結果