牡蠣エキスで休肝日

牡蠣エキスで休肝日

牡蠣エキスには様々な機能がありますが、もっとも期待できる効果のひとつに肝臓の機能の促進効果があると思います。

 

肝臓はアルコールの分解や、様々な栄養の代謝などを行っている臓器ですが、肝臓において調子が悪くなってしまうとその影響は全身にも出て行ってしまうものです。

 

牡蠣エキスに含まれる亜鉛は、肝臓でのアルコール分解の過程で大量に使われるもので、亜鉛が不足しているとアルコールの分解が進まずにずっとアルコールが体内に残り続けてしまいます。そのために悪酔いや二日酔いといった状況が起こってしまうのです。

 

基本的にアルコールは肝臓の働きによって24時間後には分解や排出が終わるはずですが、あまりにも飲酒量が多かったり、また飲酒量が少なくとも亜鉛などの栄養素が体内に不足していると二日酔いがそれ以上にわたって続いてしまいます。

 

夜のお付き合いが多い人ほど、肝臓には注意を払ってほしいものです。休肝日というのは、ただ飲まなければ良いのではなく、肝臓をいたわってあげる日です。休肝日には肝臓に良い牡蠣エキスをぜひ与えてあげてください。いつも頑張っている肝臓をいたわってあげることで、代謝もあがり、全身の免疫機能も上がって活力がわいてきます。

 

牡蠣エキスを使ったサプリメントには、こういった肝臓への効果に特化している形のものもあり、こういったものは特に二日酔いなどに対して効果があります。ちょっとお酒に弱くなってきたという人は、ぜひ利用してみてくださいね。